どのような会議室があるのか

どのような会議室があるのか

 
貸し会議室はエリアや部屋の規模の他に、座席レイアウトからも選ぶことができる。

 

具体的にはスクール形式、シアター形式、口の字形式、コの字形式、島型形式、
対面形式、正餐形式と様々な種類の会議室がある。

 

スクール形式は塾や学校のように机や椅子が演台の方向を向いているスタイルである。
セミナーや講演会等、一人が複数の人に話したり、
教えたりする時に利用されるのがスクール形式の会議室である。
また、検定試験や筆記テストの際にも使われるのがこのスクール形式の会議室である。

 

シアター形式はスクール形式と同じように椅子が演台の方向を向いているスタイルであるが、
机を使用しないところに違いがある。
このため机がない分広く使うことができ、より多くの人を収容することができる会議室である。
入学式や入社式、映画上映会や演奏会等によく使われるのが、シアター形式の会議室である。

 

口の字形式は長机を「口」の字に配置し、その周りに椅子を置いて利用する形式である。
参加者全員が顔を見合わせながら
適度な距離感を保ち意見交換が行えるレイアウトであり、
重役会議や国際会議等で使われる形式である。

 

コの字形式は長机を「口」の字に配置し、
その外周に椅子を配置するレイアウトである。
口の字の一辺から机を外し、その位置にホワイトボードやプロジェクタースクリーンを置いて、
それを見ながら会議を進めることとなる。
プレゼン発表や業務報告を行う際に、このスタイルの会議室が利用される。

 

島型形式は座席と机の組み合わせを会議室内に複数設置するレイアウトである。
各席に通常3?6人程座れるように設置される。
グループ毎に作品の作成やグループディスカッションを行う時に利用されるのが
この島型形式である。

 

対面形式とは2つのグループが1列になり、机を挟んで向かい合うレイアウトである。
長方形のテーブルの両サイドに平行して椅子を並べ、
残りの2辺には誰も座らないスタイルをとる。

 

仲介人や立会人を同席させて、代表者同士が挨拶をしたり、契約を締結する場合、
またお見合いや結婚の挨拶等、改まった集まりに用いられるのが対面形式である。

 

正餐形式とは、座席で取り囲んだ円卓を複数設置するスタイルである。
結婚披露宴やパーティー等で利用される形式である。
椅子を置かずに円卓だけにして立食パーティーに利用されることもあるのが正餐形式である。

 

このように、会議室のレイアウトは利用する目的により異なるため、
状況や目的に合った会議室や備品を選ぶことが必要である。